備えあればの資格取得再就職にも

昔から手に職といいますが・・・・現代の日本では、大卒の就職率が厳しい。

 

もう有名大学に入れなければ大手はほとんど無理だというのは、昔から変わらないが

 

入ったとしても、いつ職を失うかはわからない。

 

定年後の年金も足りないという場合でも

 

手に職があれば万一給与がもらえなくなっても、収入を稼ぐことができるかもしれないし。

 

再就職をするにも役立つことだろう。

 

それを考えたならば、就職でも在宅でも役立つ資格を取得しておいてそんはない。

 

その時期は、いつでもといえます。資格はいくらでもあるのでたから。

 

学生の時から資格取得を目指すのは就職を考えたら当然だし

 

社会人になってからも、時間がある限り身に着けていくべきだろう。

 

今はとても通信講座での資格取得も充実している。

 

一見ビジネスに役立たない趣味の資格でも、いえ別に資格取得たべてなくスキルの習得というだけでもいいと思います。

 

趣味も突き詰めていけば、それでHPを作って集客して、広告費で稼げますし

 

何かを作れるようになればそれを出品してオークションで稼ぐという方法もあるでしょう。

CAD資格の種類と資格取得対策

CAD資格を持っているとだれでもできる仕事でない仕事ができるのでお勧めです。

 

CAD資格も、最近いろいろな場面で見たり聞いたりするようになりましたね。

 

実際には何をするのかというと、簡単に言えば、PCを利用して設計やデザインをする仕事です。

 

今もっとも注目を集めている資格試験の一つですが、その活用範囲は実に幅広く、道路・建築・自動車などの設計、水道の配管図、服飾デザインなど多岐にわたっています。

 

Cad資格を資格取得し、オペレーターとして活躍するためには、いくつもの資格取得が必要になります。

 

PCの基礎資格はもちろん必要ですし、CADソフトを自由に使いこなせなければなりません。

 

設計関連の職務に就きたいなら、設計関連の知識も必要になってきます。

 

CAD業務は、それ自体がかなり細かい作業を要します。発注者のニーズにもしっかり応えていかなければなりませんから、かなり几帳面で細やかな作業を要します。

 

さらにアパレル業界でも利用されていることからもわかるように、デザイン性も要求されます。

 

このように、どの業界でも応用可能で、十分に活用できるようにプログラムされた資格試験なのです。

 

実力を証明するためには、レベルに応じて4つの資格試験をクリアしなければなりません。

 

Cad利用技術者試験

 

○1級 設計・製図業務者対象。PC・ネットワーク知識、1年以上の実務経験があること。
○2級 製図業務者対象。PCなどの一般知識、CAd関連の実務経験が半年以上有る事。
○基礎 PCなどの基礎知識があり、半年以上Cadを勉強している専門学生対象。
○3次元

 

設計・製図業務者対象。3次元Cadの基礎知識があり、半年以上の実務経験がある事

 

Cad実務キャリア認定制

 

こちらの資格試験は、やはり実務的な技能を認定する資格試験ではあるんですが、願書提出から合否決定までの直接資格試験とは関連性の内部分まで採点対象になるという、一風変わった資格試験ではあります。

 

○マスター(上級)
図面読解力、作図能力
○トレーサー(中級)
図面の読解力、写図、応用力など
○アドミニストレーター(初級)
PC・IEの基礎知識、CADソフトの操作技術
○3次元Cadトレーサー
2次元図面の読解力、3次元図面への変換対応・応用力。

 

Cadトレース技能審査
設計図やデザイン画のトレースをしている人のため技能試験。

ページの先頭へ戻る