古新聞の活用で節約

古新聞の活用はどうされていますか。

 

新聞は古紙回収できちんと出せば節約になりますよね。

 

トイレットペーパー1個分にはなるでしょう。また最近のエコの立場からも古新聞は見直されています。

 

コンビニやスーパーでもらうビニール袋をゴミ出しの袋にしていませんか。

 

スーパーなどではマイバッグ持参の場合、ポイントが付いたりするので、断ると節約になります。

 

又最近ではビニール袋に5円のお金をかけるところもあり、ますますビニール袋を使うのは節約の観点から避けたいものになってきました。

 

そこで古新聞を折ってゴミ袋にするのです。折り方はネットで調べれば載っていますので参考にしてください。

 

古新聞に生ゴミを入れるときは水気をよく気って古新聞が破れないようにして使ってください。

 

水気を切りさえすれば割と丈夫なので驚かれるでしょう。

 

そのまま自治体指定のゴミ袋に入れればビニール袋に入れなくてもOKです。

 

古新聞を暇な時折って袋にしておくと、ゴミ袋の節約にとってもいいんですよ。

 

古新聞のほかにも広告紙でも作れます。折り方はいたって簡単ですので一度よく覚えておくといいですね。

 

小さなお子さんがいらっしゃる家庭では折り紙のように折れるので楽しんで袋を作ってくれるようです。

 

楽しみながら節約も出来るのは理想ですよね。

 

古新聞は貴重な資源になります。

 

面倒くさいからと燃えるゴミなどと一緒に大量に捨てたりすると貴重な資源が二酸化炭素になってしまうだけです。

 

でも最近は、髪の新聞を取らない家庭がどんどん増えています。

 

デジタル新聞を利用している人もいますし、無料でネットで見られるニュースだけで十分と言う人もいます。

 

逆にフル新聞が一枚もなくて、逆に何か他のものを購入しないといけないケースでてきています。

 

学校で古新聞を持ってくるように、図工などで使うために言われても・・・

 

今や新聞を取っていないケースもあるわけですね。

ページの先頭へ戻る